これでアナタも岩松勇人?細部に渡るまで大公開

>

岩松勇人って本当に凄い人なの?

ブラック企業に勤めていた?

ここ数十年前から「ブラック企業」という言葉を聞く様になりました。ブラック企業の定義は長時間労働や過剰なノルマ、残業代カット、ハラスメント行為が暗黙の了解になっている職場を指します。

「そんな会社、すぐにやめれば良いじゃない」と思うかも知れませんが長時間労働や過剰なノルマに追われていると精神が疲弊し、正常な判断が出来なくなります。目の前の仕事をこなす事しか考えられないので、明らかにおかしいと思う労働環境でも文句を言わず働き続けてしまいます。

実は岩松勇人もブラック企業に勤めていた事がありました。毎日深夜0時まで残るのは当たり前で、もちろん残業代は支払われません。上司はハラスメントをする様な人間で、次第に精神的に磨り減っていきました。

これではいけないと考えた

「このまま、この業界にいると食い潰されてしまう」そう考えた岩松勇人は、不動産業界を辞めて全く新しい業界に参入します。それが物販ビジネスです。

ちょうど退職した時にオークションやフリマサービスなど個人間でも簡単に取引が行えるサービスが、世に輩出したところでした。それを見た岩松勇人は大きなビジネスになると確信しました。しかし全くノウハウの無い業界ではうまくいかず、1日18時間以上作業しても月収10万円以下とブラック企業と働くのと大差ない状態でした。

このままサラリーマンに戻りたくない。そう考えていた時に西野に出会いました。西野は岩松勇人が手がけるNICを一緒に立ち上げたキーパーソンです。そこから岩松勇人の逆転劇が始まりました。